子どもたちが教えてくれる 親子の向き合い方


胎内記憶ってご存じの方もおられることだと思います。

胎内にいた時の記憶のことです。

中には生まれてくる前の記憶、前世記憶を持っている子どもたちもいるそうです。

これらの記憶をもった子どもたちに共通していることは

「ママを幸せにしたい」

「みんなの役にたちたい」

ということです。

仮に僕らが皆 そうやって目的を持って生まれてくるのであれば

我が子が自分のところへ生まれてきてくれたこと

この時代に生まれてきたことに 何か意味があるはずです。

その視点で子育てをみてみると、

我が子との向き合い方で、「この子は何をするために生まれてきたのだろう?」

「どうして私達のところへ来てくれたのだろう?」

と考えると なんだか面白いですよね。

僕らも無理やり強要されると嫌なように、子どもたちだって嫌です。

おそらく誰もが嫌なことでしょう。

そういう向き合い方ではなく、

その子の個性や性格にあったものをなげかけてあげたりして

「これでもないか〜」なんて楽しみながら向き合うと 子育ても楽しくなると思います♪

「自分の役目を見つけてあげるお手伝いをする」という

自分も我が子の役に立つというイメージをもっていくと

仲の良い親子関係が築けるように思います。

#親子の向き合い方

0回の閲覧