東京「イスルク」さんでのコンサートを終え


先週は13日、16日と東京足立でのコンサートを無事に終え

家族のまつ神戸へと帰ってきました

13日は足立にある厳選健茶と自養旬菜のお店「イスルク」さんの所で親子カフェと題した

赤ちゃんやお子さんとと一緒に聴けるコンサート

素材と薬膳のお料理にこだわっていて どれも身体にすーと馴染む味付けでとっても美味しい^^

子どもたちの鳴き声も一つのBGM

赤ちゃんは僕が話しているうちは泣いたりするのですが

歌い出すとピタリと止まったり 笑 

そんな中で 大人も子供も一緒にコンサート 

会場も嬉しいことに一杯でした

お声がけしてくださったみなさんのお陰です

はるばる山梨や横浜からも 親子でこの日を楽しみに来てくださった方もいました

僕のコンサートを聞くとママが3〜4日はとっても優しくなるそうです 笑 

去年の12月、竹塚にある「昭和の家」にも来てくださった方で

七田式の先生をやられていた方で、僕の活動や作品に共感してくださって

色々と動いてくださったり

他にも何人も前回から楽しみにして来てくださった方々もいらして

主催してくださったhand in handの大屋さんも

「足立にもこんなに動いてくださるファンの方々が増えてくれたことが本当に嬉しいです!」

とメールを下さっていました

コンサート終了後は軽い フーリートークの時間を設け

みなさんと思い思いに色々とお話をしました

13日にご参加くださった方々の中には

歌を聞いてから、アトピーの調子がとっても良くなり、お肌がツルツルになった・・・

とても感謝していますと

開催されたイスルクさんのお店にお礼を伝えにいらしてくださったみたいです。

主催してくださった方も 開催してくださった方々も

僕も 聴いた方々も 

こうして 喜びを共有できるってことは本当に嬉しいことです

前回の昭和の家では

歌を聞いている途中から 光のオーブが見えるようになってきてと話してくださる方もいました。

小さい頃はよく見えていたそうなのですが

ある時から急に見えなくなっていたものが 歌を聞き出してから急に見えるようになって・・・

とお話してくださりました

以前は、車いすに座られていた右半身不随だった方が急に大声で泣き出されて

コンサートが一時中断するかどうかとなった時があったんですが

その方が「足が動いた〜!!」って叫ばれて 嗚咽されていたんですよ

脳梗塞で右半身が動かなくなってしまったのですが

「今 立てるんです!右手も動くんです!」と

他にも色々とあるんですが

こういったことを目の当たりにしていると

心と身体は密接に繋がっているのだな〜と深く感じます

身体に出る症状や、態度もそうです

態度だとすごく攻撃的になったり 

「あること」になると急に態度が変わったり

いじめもそうですが 誰かに怒りや寂しさををぶつけたり

表面的に見えている「状態」の 本当の原因がどこにあるのかは自分ではわからないものです

あらゆる症状は 何が原因で引き起こっているのかはわからないということです

病院ではその症状に対しては処置をしてくれます

その症状を抑えてくれるためのお薬を処方してくれるでしょう

それで治る場合はそれでいいのですが

長く続いている症状といったものは 

その引き起こされている本当の原因が 本人やお医者さんにもわからないのです

僕の声と物語によって生まれる波動と 

その方の波動が共鳴した場合

その核となるモノ=原因に触れ こころが解放された時

何かが身体の中に起こるのだと思います

それは10人いたら 10人違う結果になるということです

それだけ 心とは複雑であり 非常にデリケートであるものだと思います

その心が目に見えているあらゆるものを作り、生み出しているわけです

そういう視点で世の中をみると 色々なことが見えてきます

世の中は心をそのまま 反映しています

家族のあり方も 自分が誰かと接し方も あらゆることすべてが

そうだということです

ま〜僕としては 僕といっしょに過ごした時間が

どういう形であれ、その方にとって

いい方向に少しでも向かってもらえたならそれだけで大満足です

厨房でイスルクさんの店長さんやスタッフさんみんなで泣いていたそうです

こんな優しいこころを持たれた皆さんが創りだす空間も

薬膳のお料理も

是非味わってみてください!

#イスルクさんでのコンサートを終えて

0回の閲覧