絵本「くまもんとブルービーのなかまたち」のミュージカル化


熊本の震災のメッセージを投稿したところ、

仲間たちから沢山の応援するよ!

というメッセージを貰いました。

その中で、以前一緒に公演したことのある

劇団「は〜もに〜らんど」の代表である今安志保さんから

決意のこもった具体的な熱いメッセージが届きました。

まぁくんの心の故郷は、 私たちも同じです・・・と。

我々ができることを本気でやりましょう。

応援させて下さい。動きます。・・・と

これからチャリティーイベントとは別に、

熊本・阿蘇を、長い目で、

資金の面と、風を吹かせていくために

たどり着いたひとつの形として

昨年、出版された絵本「くまもんとブルービーのなかまたち」のミュージカル化を進めています。

この物語は、声を掛け合い、みんなが助け合うことで、大きな困難を乗り越えていく物語です。

そこには人と人との繋がりの大切さを教えてくれます。

今まさに、必要とされているものだと感じています。

熊本、阿蘇の支援のために、

この絵本を元に、感動的なミュージカル作品化し、

まずは大阪、神戸、できれば東京でも公演し、義援金を集めるだけでなく

ゆくゆくは、被災した阿蘇の子どもたちが「阿蘇」の土地で公演することで

地元の方だけでなく、多くの方に、勇気を伝えていくことを目指しています。

それに向かって、劇団は〜もに〜らんどの今安志保さんが

現在、誰もが習得しやすいミュージカルを作り上げてくれています

ミュージカルの中で歌う歌は、僕らで作詞・作曲という形で、書き下ろします。

勇気と感動を伝えてくれる作品を目指し

今、準備を進めているところです。

この物語に共感してくれる団体や学校関係・幼稚園・保育園・劇団などが

自由に公演をおこなえるようにし、

全国どこでも開催できるように、支援の体制を整えていきたいと考えています。

この物語の主人公である、くまモンを通じて、

みんなの心が結ばれ、生きる希望と勇気を与えてくれる。

それは、私達が人として忘れてはいけないものであり、

これからを生きていく子どもたちにも、伝えていかなければいけないものです。

それはまさに、今、実際に起こった熊本だからこそ伝えられるものだと思っています。

その作品が

みんなの心を結んでいけるものになるように

そう想いをのせて・・・

ミュージカル公演の際は、是非見に来て欲しいです!

一緒に感動の輪を広げていきたいと思っています^^


2回の閲覧