レコーディング その2


2月1日、2日の二日間にわたってのレコーディングも

気がつけばあっという間に終わってしまいました。

先日、息子のテニスの送り迎えの中

家族みんなで、視聴会。

娘が「これパパの歌なん?」

目をクリクリして「大好き」って言ってくれました。

息子は、始まりのインスト「The Universe」に大興奮!

子守唄の曲で後ろを振り返ると、、

やはり寝ていました。w

包まれる感じに安堵感を感じるのでしょうね。

今回レコーディングに参加してくれたメンバーは

僕のこれまでの作品やライブにずっと参加してくれているメンバーで、

みんな女の子ばかりです。

piano 北野ユリちゃん

violin 辻本エリカちゃん:辻本アスカちゃん

viola 岡本ナナコちゃん

cello 南口マヤちゃん

それから今回も とっても素敵にストリングスアレンジをしてくれた 平泉奏さん

僕の世界観をずーとわかってくれているし、

感じているものが共有できているし、

心技体揃った精鋭チームです。

その彼女たちが奏でる音は

優しくて。時に力強く、エモーショナル♩

だから彼女達の演奏が大好きなんです。

今回のレコーディングスタジオでは

天井がとっても高いので

みんな大興奮^^

弦楽器は広い部屋の方が鳴りが綺麗なので、

みんな楽しみながら集中できていたように思います。

朝9時30に集合してリハーサル。

そして、今回のプラネタリュウム番組の制作段階のものを

見てもらい、曲のイメージを感じてもらいました。

あえて、当日まで見せなかったんです。

その時の気持ちを大切にしたかったので。

見た後、みんな「めっちゃ感動する~」と言って

泣いていました。

感情が高まり、さらに一つになった状態で

すぐに、レコーディングへ。

使命感が高まり、みんなの魂がひとつとなって奏でる音。

「音楽って本当に素晴らしいな~」って

心からそう思いました。

それはまさに言葉を超え、心に直接語りかけてくるもの

それが「音楽」なのだと

改めて感じました。

音から「愛が溢れてくる」

僕はそんな音楽を目指しています。

彼女達は見事、それを表現してくれました。

こんな素敵な曲や音を知らないのは勿体無い。

と思うくらいに素晴らしい世界です。


12回の閲覧