南信州新聞 「子どもと一緒に鑑賞した母親は、涙を拭きながら見入っていた。」


生まれることを再体験

全国で2番目に プラネタリウム番組特別上映

生まれることを再体験するプラネタリウム番組「LIFE いのち」の特別上映と、

制作者でアーティストの橋本昌彦さんのコンサートが17日、

飯田市追手町の市美術博物館であった。

親子ら約100人が来場し、母親のお腹に宿った命が成長する映像に見入った。

上映会とコンサートは県看護協会飯田支部が主催し、入場券は1日半で完売した。

飯田での公開は東京に続いて2会場目。今後は県内外のプラネタリウムでの公開を目指す。

プラネタリウム番組は、子育てに追い詰められる母親のためにできることをーと、

メッセージソングを発表してきた橋本さんが、

命の尊さを実感してもらうために1年半かけて制作したもので、

1960年代に撮影された胎内写真が使われている。​

プラネタリウムには広大な宇宙や母親の胎内が映し出され、

胎児が徐々に大きくなる写真とともに、橋本さんの語りと音楽が流れた。

​子どもと一緒に鑑賞した母親は、涙を拭きながら見入っていた。

#南信州新聞

0回の閲覧