心を癒やして、自分に還る。

healing program

音楽・歌・言葉・絵・映像・物語。

10年の歳月をついやし​、、アートの力を融合させたヒーリングプログラム。

​それが「こころのコンサート」です。

​about 「こころのコンサート」

コンサートを通じて、インナーチャイルドを癒していきます。

そのために、生まれる前の記憶まで遡ります。

こころの中にしまってきた感情、自分では気づかないようにいしてきた部分にやさしく語りかけていきます。

purpose  

生まれた頃のありのままのあなたを取り戻していくために。

人が生まれてくることに 欠かすことができない父と母という存在。

親子の関係は、生涯に大きな影響を与えます。

私たちが父母と出会うのには意味があります。 

また親にとっても、我が子との出会いは大きな意味があります。

その意味は 人それぞれ違っていますが、自分を成長させるために互いに心を映しあう関係です。

ほめられることが嬉しかったり、些細な一言に傷つくこともあったり、日常の中の小さな一瞬一瞬を積み重ねて 

今の「わたし」という存在があります。

お母さんのお腹の中に、いのちを宿したときから始まった

「わたし」の人生の一瞬一瞬の喜びを思い出し、一瞬一瞬の悲しみを癒していく。

 

それは、「わたし」を受けいれていくこと

「わたし」を愛していくことへと繋がっていきます。

自分を愛し、愛に満たされていくことで 

すべてを受けいれていくことができるのだと思います。 

あなたがあなたらしく生きる道は、あなた自身を愛することから始まります。

Evaluation of the activity

 

#厚生労働省 社会保障審議会推薦「児童福祉文化財」の認定

 橋本昌彦の作品「ぬくもりのきおく」は親子の愛を深める優れた作品として認められています。

 

#NHK「あさイチ」で特集 「思わず涙!母性震わす歌声」。

 親子の愛を深める音楽活動が「涙が溢れる」と話題となり

 NHKあさイチで特集され国内外から共感と感動の声が届きました。

#「若者力大賞ユースワーカー支援者賞」を受賞

 親子の愛を深める音楽活動は次世代リーダーを育成支援する

 公益財団法人「日本ユースリーダー協会」より優れた教育者に贈られる「若者力大賞ユースワーカー支援者賞」を受賞

 同財団より音楽家ではMISIAさん 平原綾香さん登山家の栗城史多さん 野球選手の田中将大さん 村田修一さん 

 日本サッカー協会等が表彰されています 

Three programs

For mam

妊婦・子育て中のお母さん向け

 

For education

子どもたちや学生 父兄・教育者向け 

For care

自己啓発やセラピー グリーフケア

​#プラネタリウム番組「LIFEいのち」の平面版&コンサートという形も開催可能です。

​works

Events

住友林業プレゼンツ「賢い子どもを育てる住まいづくりフェア」

長野県看護協会主催「いいお産の日 マタニティーフェスタ」

南阿蘇えほんのくに(葉祥明阿蘇美術館)  北鎌倉葉祥明美術館クリスマス会

ゆりの樹Baton Studio10周年記念リサイタル

日本の若者を元気にしよう!DAYサポーターの集い2011(ユースワーカー能力開発協会主催)

天使の木 5周年記念コンサート(大丸心斎橋劇場)

神戸市立微笑幼稚園65周年記念式典

KOBEママカーニバル  デイサービスらららプレオープンコンサート

かいご&癒しフェスタ・キッズフェスタ    etc...

講演会&コンサート

神戸市老眼大学 特別講師(兵庫)

KOBE生涯学習全体研修会講師として(兵庫)

江戸川人生総合大学(東京)

福岡大濠中学高等学校教育講演会

加古郡連合PTA協議会活動発表会(兵庫県)

中井町教育委員会(神奈川県)

天理市人権教育推進協議会(奈良県)・支援団体メリーの会(山梨)

児童虐待防止 オレンジジリボン運動(日比谷公会堂)

県西東部地区青少年育成市町民会議連絡会 「指導者講演会」(茨城)

第34回東海北陸地区特別支援教育研究大会福井大会(福井県)

香住丘人権尊重推進協議会等(福岡)

江戸川明るい社会づくりの会「家庭教育講演会」

輝かそう子供の命~頑張りすぎない子育て(東京)

人権保育専門講座シンポジウム 

アドラー心理学 特別講師として     

その他多数                       

​学校

笠間中学校(茨城) 大和中学校(茨城) 十文字中学校(福岡)

ゆりのき台中学校(兵庫) 美野丘小学校(兵庫)

椋本小学校記念行事(三重) 大国小学校(茨城) 雨引小学校(茨城)

アイランドシティー保育園(福岡) 吉塚ゆりのき幼稚園(福岡) 青葉保育園 

その他多数

グリーフケアコンサート 医療者・保育士など専門職向けのコンサートとして

聖路加国際病院  

長野県飯田市立病院産婦人科

さめじまボンディングクリニック  

おおかたの森ウィメンズクリニック オープニング・セレモニー

神奈川県立こども医療センター   

赤ちゃんこどもの死を考えるセミナー (嵯峨嵐山・田中クリニック主催)

熊本保育連盟主催 保育士向けコンサート  

健脳リハビリセンター デイサービスららら 定期コンサート

医療社団法人青山会 児童発達支援「ぞうさんの足音」オープニング・セレモニー

がん患者家族限定コンサートとして カフェドスール(第一回・第二回)

チャリティーコンサート

葉祥明 × 葉山祥鼎 × ウォンウィンツァン × 橋本昌彦

熊本震災復興チャリティトーク&コンサート 「希望へと続く道」

忘れない、3.11(幸福の黄色いバンダナの会主催)

震災支援フォーラム2011・3・11ケアカフェ (誕生学協会主催)

NPO法人パパジャングルの被災地応援 「南相馬こどもサマーキャンプ2012」

がんばろう東北!仙台市立東六郷小学校!   共に歩もう未来へ!」(パパドナルド主催)

NPO法人パパジャングルの被災地応援 「南相馬こどもサマーキャンプ2012」

​Media​

NHK総合・NHK BS・サンテレビ・福岡放送・熊本県民テレビ・毎日新聞・読売新聞・朝日新聞・神戸新聞

西日本新聞・熊本日日新聞・共同通信・J-wave・FM802・ラジオ関西・NHK第一ラジオ・NHK福岡

RKBラジオ・FM福岡・crossFM・FM鹿児島・MBCラジオ等 

コンサートにご参加くださった方からのご感想。

自然と流れてくる涙に私が一番びっくりしました。

これが「涙が溢れる」なのかと共感しました。

 

今日は心に響く、詩、歌でとても感動しました。

「涙が溢れる」ってなんだろう? どんな感じなんだろう?と考えながら歌を聞いていました。

映像とともに橋本さんの歌声・・・

 

自然と流れてくる涙に私が一番びっくりしました。

これが「涙が溢れる」なのかと共感しました。

我が子を授かった時の気持ちが蘇り、日々の生活で忘れかけていた

幼き頃の子どもたちの顔が浮かび、「いとおしい」抱きしめたくなりました。今日は素敵な歌を本当に有難うございました。

 

(コンサートに参加された方から)

ヒーリング音楽というのを初めて聞き、正直、最初ひねくれ者の私は戸惑いましたが、
忘れていたピュアな気持ち、両親や子供の気持ちの原点を思い出しました。
 
久しぶりに忘れていたピュアな気持ち、両親や子供の気持ちの原点を思い出しました。日頃は目先の事ばかり考え、負の感情ばかりになっていました。ヒーリング音楽というのを初めて聞き、正直、最初ひねくれ者の私は戸惑いましたが、きれいな楽器の演奏、温かくて素敵な歌声と旋律に癒やされました。もっと聞いていたかったです。最後の質問のお答えがとても素敵なエピソードでためになりました。
今日は色々と考えさせられるきっかけを頂きました。又、素敵な音楽をありがとうございました。
(講演会コンサートに参加された方からの感想)

多くの人達が、人間関係・仕事・家庭・家事・育児などの日常のあらゆるストレスを抱え込み

強い閉塞感・孤立感に包まれて、人には言えない悲しみと苦しさを感じながら毎日生活している

 

私は2年前、山梨県大月市のウェルネスパークで初めて橋本さんの歌を聴きました。 

突然、溢れ出す涙を抑えることが出来なかった事を思い出します。

 

5月に市民会館でコンサートがあると知り、あの感動をまた体験出来るなんて嬉しくなりメールを送らせて頂きました。

私だけでなく多くの人達が、人間関係・仕事・家庭・家事・育児などの日常のあらゆるストレスを抱え込み

強い閉塞感・孤立感に包まれて、人には言えない悲しみと苦しさを感じながら毎日生活していると思います。

本来、人間は輝きを放ち計り知れない価値を持つはずなのですが、

人生や社会に対し虚脱感・虚無感を招き人生感や生命感が希薄になっています。

しかし、橋本さんの心のコンサートを聴いて涙が溢れ流れた時、見失っていた本来の人間の姿や美しかった心を取り戻せた様に感じ又、背負っていた重荷が取れ身も心も軽くなりました。本当にありがとう御座いました。

 

橋本さんの歌を聴いた多くの人達が・・感動と共に、命の大切さ・生きている事の素晴らしさを感じ取って、

明日への希望・人生を生き抜く力を与えて下さる事を願います。

 

(山梨大月でのコンサートを聞いた方からの感想)

体験くださった著名人からの推薦文

葉祥明 絵本作家・画家・詩人

葉祥明 絵本作家・画家・詩人

橋本さんは、語るように歌い、歌うように語る。  心の琴線に触れる、切なく甘い歌声は 心優しい物語の世界へと人を誘(いざな)う。

コンサートにご参加頂いた皆様からのご感想

コンサートにご参加頂いた皆様からのご感想

○心が洗われる時間でした。周りの人にぬくもりと感謝を伝えられる自分でいたいと思いました。○優しさあふれるひと時に心が洗われる気がいたしました。生きづらい社会の中で、子育てをしている若い人たちに本日の講演を聞かせてあげたかった。  ○今日の講演を聴いて、子供が生まれてきた日のことを思い出してうれしい気持ちになりました。自分を選んで生まれてきた我が子をやさしい気持ちで見守りたいと思いました。 ○親子を今一度見直すきっかけができました。とても素敵な歌とお話(詩)をありがとうございました!日常の当たり前のしあわせに感謝しなくてはと思いました。

竹内正人 産科医

竹内正人 産科医

日本であっても、世界であっても、死を迎えるときに最後にする後悔で最も多いもの のひとつが、「他人の期待に合わせるのではなく、自分に正直に生きる勇気がほしかった」だそうです。「そのままの自分で生きてゆけばいい・・」と思える- まさに、そんな勇気を、わたしたちの奥深いところから呼び起してくれる。それが、橋本昌彦の歌だと僕は思います。 わたしが一番、わたしらしかったのは、実はまだ生まれてくる前の母親の子宮のなか だったのかもしれません。僕も含めて、ほとんどのものには、その時の記憶はないだ ろうけれど、もし、あるとすればきっとこんな感覚なんだろうな・・。彼の歌を聴いていると、いつもそんな風に感じている自分がいます。

葉山祥鼎 童話作家・写真家

葉山祥鼎 童話作家・写真家

橋本さんの歌には心が一杯つまっている。彼との出会いは大草原の丘の上。そこで少年のようにたたずんでいた。まるで、童話の中の主人公のようでもあった。 そして、森の中で彼は歌った。天使のささやきのように...。 人にはそれぞれに与えられたミッションがあるようだ。それに気づかずに過ごしてしまう事が多い。 でも、橋本さんにはそれが分かって歌っている真のシンガーである。

井上文子 ソーシャルワーカー

井上文子 ソーシャルワーカー

初めて「愛するあなたへ」を聴いたとき…生まれてくる直前に天に還っていった娘のことを思い出し、ただただ涙が止まりませんでした。そして娘と再会できたような気持ちになれました。 「同じような境遇の方々にも聴かせてあげたい」とその数ヵ月後には企画した聖路加チャペルでの心のコンサートではお子様を亡くされた親御さん一同が、橋本さんのその歌声に涙し、魂が浄化されるような時間を共有しました。 がん患者家族への心のコンサートでは、多くの患者家族が橋本さんの歌に生きる勇気を得ました。 橋本さんの歌には、人の悲しみや苦しみを浄化し、その苦悩を愛や優しさに変えられる魔法のような力があります。 橋本さんの心のコンサートへ行った帰りには、みなさんもきっと生まれてこれたことに感謝し、誰よりも家族を愛しく思い、そして人に対して優しい気持ちになれるはずです。

渡辺和代 NPO法人アジア・チャイルドケア・リーグ 代表

渡辺和代 NPO法人アジア・チャイルドケア・リーグ 代表

“あなたと重ねた日々は何よりもかけがえのない私が生きた証「愛するあなたよ」 ありがとう・・・“      (歌詞『愛するあなたへ』より)  橋本昌彦さんの歌声に包まれ、言葉にはつくせないやさしく、おもいやりに満ちたすてきな時間をいただきました。 それは2012年2月、聖路加国際病院のトイスラーホールで友人と開催した「こころの歌コンサート『愛するあなたへ』」でのことでした。 お子さまを亡くされた親御さんを対象にしたこの橋本さんのコンサートは“今も心の中で輝き続ける” 愛しいわが子のいちのを感じ、明日への生きる希望、未来に向いた勇気の涙につながるものでした。 魂をふるわせるような癒しの力がある橋本さんの歌により、会場内にやさしい光が差し込むのを感じ、心和む空間と時間を皆さんと持てたことに感謝です。

堀内重見 北鎌倉葉祥明美術館 館長

堀内重見 北鎌倉葉祥明美術館 館長

私が橋本昌彦さんを初めて知ったのは歌からではなく、葉祥明に絵を依頼したいという出版社から渡された「おたんじょうおめでとう」の詩の数々でした。 その詩はわが子に対する親としての愛情だけでなく、この世の“善きもの”がたくさん詰まったような温かいまなざしに溢れ、葉祥明の描く情景と色彩にスッと馴染む感覚を持ったことを思い出します。 きっと橋本さんの純粋で素敵な人間性から発せられる、迷いのないメッセージが持つ力強さなのでしょう。 美しいメロディと切々と歌い上げる甘美な声は多くの人の心に響くに違いありません。

子育て支援事業メリーの会 代表 藤井真弓

子育て支援事業メリーの会 代表 藤井真弓

橋本昌彦さんの歌声を初めて聞いた時、涙が止まらず今まで背負っていた全ての苦 しみと重みが解き放たれた。 日々の生活の中で慌ただしく生きてしまい、生まれた頃の純粋な気持ちを忘れてし まっていた私に人としての温かい心を思い出させてくれました。 橋本さんとの出会いによって、私の人生 も大きく変わり、生きることの幸せを与えてもらいました。橋本さんの歌声は心のサプリメントで、皆の心をきっと幸せにしてくれることでしょう。