「ぬくもりのきおく」とはどんな歌?

 

 

歌「ぬくもりのきおく」は 親子が愛を深めあうためにうまれた歌です

子どもの目線から お母さん お父さんへ 愛のメッセージが込められています

「ぬくもりのきおく」は親子の関係に役立つ優れた作品として

厚生労働省社会保障審議会推薦 「児童福祉文化財」に認定されている作品です 

 

これまで この歌を聴いて涙する お母さんお父さん達が沢山おられました

しかし この「ぬくもりのきおく」を聴いて涙するのは 大人だけでなく 子ども達も涙します

中には「ぼくはママを守るために生まれて来たんだよ!」と声を上げながら涙を流し

想いを お母さんに伝えてくれた子もいます 

どうやら子ども達の魂にも この「ぬくもりのきおく」のメッセージが響くようなのです

このプロジェクトが目指すもの

 

 

このプロジェクトが立ち上がるきっかけとなったのが、ある保育園の先生からのオファーでした。

「音楽発表会のときに ぬくもりのきおくを 子ども達に歌わせたいんです」

子ども達がこの歌を歌うなんて素敵だな お母さんお父さんがきっと喜ぶに違いない!

私たちはすぐに承諾しました。

すると 「すでに 歌の練習中に涙してしまう子もいるんです」 

私たちは驚きました。

歌うことで 子ども達の心により深く 歌のメッセージが響き

言葉にはならない思いが 涙と共に 溢れ出すのかもしれません。

私たちは改めて この歌の持つチカラに気づかされた気がしました。

そして立ち上げたのがこのプロジェクトです。

子ども達自身で 愛のメッセージを直接 歌ってママパパに伝えよう!!

その先には きっと お母さんお父さんの笑顔や涙が自然とこぼれ 

親子の間に やさしい気持ちが胸一杯に広がることだと信じています。

 

そんな心温まるひとつの機会として 

保育園 幼稚園 学校 児童館などの先生や この想いに賛同してくださる方は

このプロジェクトにぜひ参加して欲しいと思います。

download

#ステップ3  

 

歌を聴いて練習する 

歌を歌ってくれたお友達から嬉しいお手紙

ここの園では、歌の間奏に、

それぞれ子供たちが生まれた頃の写真を持ちながら

当時の気持ちを話したそうです。

思い出すのでしょう。

感極まって泣いてしまう子供たちが沢山いたそうです。